子どもがでべそに…どうしたら

けれども、でべそのケースは臍輪が閉じず、へそが縮む過程でお腹の筋肉がくっつかず臍輪から腸が飛び出してしまいます。

赤ちゃんは、生まれてもうへその緒を切ると、徐々にへその緒が縮んでいきます。

一説には、分娩時のへその緒の切り方が悪いとでべそになるといわれてきましたが、これには確かな根拠はないそうです。

そのおへそが出たステータスが、でべそです。

赤ちゃんは腹筋と腹筋の間に臍輪(さいりん)という穴があいていますが、いつもはへその緒が取れると臍輪も小さくなっていきます。

言い換えると、おへその周囲の筋肉が未発達であるために起きる現象です。

でべそ手術の口コミ・費用・クリニック探し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です